【日本酒ブログ】呑んで呑まれて綴ってみたい

呑んだ日本酒についてレビューしています。語彙力が残念なところもありますがご容赦ください。新潟県人のため、新潟酒が多めです。

豊島屋酒造 屋守 仕込み十一号 純米吟醸 無調整生酒(東京)

久々の屋守でございます…。

f:id:DaTa:20190413220315j:image

f:id:DaTa:20190413220327j:image

屋守 仕込み十一号 純米吟醸 無調整生酒

使用米:八反錦

精米歩合:50%

アルコール分:16度

日本酒度:+1.5

酸度:1.4

 

…「おくのかみ」って銘柄だとは知っているんだけど「やもり」って言っちゃうのは私だけではないはず…(^^;

だって裏ラベルにいるじゃんね(笑)

 

冷酒で…

鼻をグラスに近づけるとフルーティな甘さがアルコールに乗って強く伝わってきます。

いい香りです。

口に含むとピリリと微小なガス感。

上品な甘味ながら生酒らしい若々しいフルーティな酸味と渋み。

甘味のボリュームは中程度。

甘い香りに誘われてスイスイと呑めてしまいます。

 

燗にもしてみたのですが、酸味と苦味が増し、尖った感じになった印象を受けました。

個人的には冷酒の方が好みでした

 

ご馳走様でした!

 

東京といえば屋守という印象ですが(酒カス的発想)、先日東京出張に行った方に「江戸開城」を買ってきて頂いたので近々呑んでみたいと思っております。

 

私も出張行きたい!!(理由は想像にお任せします…)

 

ではまたまた…

白藤酒造 奥能登の白菊 純米吟醸(石川)上品な甘味の一品

f:id:DaTa:20190407220522j:image

f:id:DaTa:20190407220537j:image

 能登の白菊 純米吟醸

使用米:五百万石64%

    山田錦36%

精米歩合:55%

アルコール分:16度

 

初めての銘柄でしたが、酒屋で目に留まり…

この時期にしては珍しく火入れを購入。

 

まずは冷酒で…

バニラのような甘い香りがする。

口に含むと滑らか舌触り。

上品と感じるが、しっかりとした甘みがある。

裏ラベルにも和三盆なんて書いてありますが何となくわかります(な、なんとなくね?)。

後味少々の酸味、渋みはありますが、甘みが徐々におさまるようにキレていきます。

甘味がフワッと感じられ、そのまま通り過ぎように落ち着いていくような感じ。

 

燗でもいけるんじゃね?と思い試してみる。

より角が取れた感じがしてまろやかに。

冷酒だと甘さが突出しているイメージが対象ありましたが、温めることに自然に、より素直に美味しく頂ける味わいになったと思います。

 

個人的には燗が〇であります

 

やっぱ火入れでも旨いもんは旨いですな。

甘さとしては最近呑んだ菱湖にも似ている感じがする。

 

初めて呑んだ銘柄でしたが美味しく頂きました…。

 

ではまたまた…

林酒造 林 純米吟醸 五百万石 生酒(富山)




純米吟醸 五百万石 生酒
使用米:五百万石(なんと産とは「南砺市」だと思います。はい。)
精米歩合:55%
アルコール分:16度

毎回思う。
なんで一升瓶しかないんだ…。

頂きます。

冷酒で…
少しリンゴっぽいく、アルコールの濃さを感じる香り。
口に含む。瑞々しい舌触り。
甘味は控えめ。清涼感のあるサッパリとしたリンゴのような酸味。
果実の薄皮のような渋みアリ。
「酸味が特徴的でサッパリと頂ける」という感じかと。

燗でもは違った味わいがありそうだと感じたので上燗で頂いてみる。
柔らかい甘味が膨らんでくる。
酸味重視だった冷酒のシャープな感じとは違い、柔らかくふくよかな印象に変わりました。
酸味は冷酒と比べると落ち着き、甘味とのバランスが良くなったと感じました。


個人的には燗の方が美味しく頂けました!
→まだ新潟は寒いよ!


一升瓶は減るのに時間がかかりますが、これはあまり味の変化が少ないような気がします。
そう思うと一升瓶でもいいのかも…

前に雄町も呑んだんですが旨かったですね~今度見かけたら買いたいです。

ではまたまた…

小布施ワイナリー ソガ・ペールエフィス[ヌメロシス]サケ エロティック 生酛 2017と2018を呑み比べてみた(長野)熟成…沼の予感が…

f:id:DaTa:20190407212915j:image

ソガ・ペールエフィス[ヌメロシス]サケ エロティック 生酛

使用米:美山錦

精米歩合:59%

アルコール分:16度

 

手元にあると呑み比べてみたくなる…。

ということで2017と2018を呑み比べてみようかなと思います。

 

全然購入する際に気にしていませんでしたが、お米の農家さん毎にロットになっているようです。

f:id:DaTa:20190407173711j:image
f:id:DaTa:20190407173719j:image

まずは2017から頂いてみる。(ミウラロット)

バナナ…少しリンゴのような、濃厚さがありながら少々若々しさが残るような香りがする。

口に含む。ちょっと驚きました。ガス感あります

アルコール感強めで濃厚なフルーティな風味を伴った甘味。少々重いなと感じました。

風味からすると甘味のボリュームは少なめ。

酸味は控えめ、果物の薄皮みたいな渋味が少々ありサッパリ頂ける。

「風味は濃厚、案外サッパリ呑める」という印象。

 

なんだか以前呑んだ2017ヌメロシスよりサッパリしているような…。

ginyusyujin.hatenablog.com

こちらもミウラロットでした。

以前呑んだ2017はガス感も今回呑んだものよりも控えめだったし…より熟成されているような気がする(まぁ、保存状態によっても熟成具合は変わると思うので、味が同じというのは無いんだろうなぁ。と思いますが。

 

さてさて… 

f:id:DaTa:20190407212719j:image
f:id:DaTa:20190407212711j:image

では2018を(こちらはイケダロット) 

香りは仄かにバナナのような香りがするが、2017のような濃厚さは感じない。

口に含む、発泡とは言わないが豊かなガス感。2017と比べるとガス感が豊かで、甘味は控えめ。

比較的ドライとも感じれる酒質で、サッパリといただける。

熟成したら2017のような味わいになるのは、なんとなく納得出来ますね。

 

個人的には2017の方が濃厚で好みです。

サッパリとした味わいが好きであれば2018でもいいのかなと思います。

 

熟成って奥が深そうですなぁ…とてつもない沼な気がする(^^;

 

まぁ、面白そうではある(`・ω・´)

あとは試す勇気だけ…(笑)

 

今日はこの辺で…

 

ではまたまた…

峰乃白梅 菱湖 備前雄町 純米大吟醸 生酒【上品、上品だけど沢山呑みたい…うん】

f:id:DaTa:20190331183556j:image
f:id:DaTa:20190331183604j:image

菱湖 備前雄町 純米大吟醸

使用米:備前雄町(雄町)

精米歩合:麹米45%

     掛米50%

日本酒度:+2

アルコール分:16度

 

前回菱湖を呑んだ時は「今度は火入れを~」なんて事を言っていましたが、性懲りもなく生酒を買っちゃう私。

特に後悔はしていない。うん。

頂きます。

 

冷酒で…

グラスに注ぐと鼻を近付けるまでもなく、フワッしたバニラのような甘い香りが漂います。期待感大。

口に含むと、上品ながらしっかりとした甘みが、 期待感に応えてくれます。

渋みを伴ったサッパリとした酸味もあり、甘い余韻を伴いながら自然に落ち着いていく様に消えていきます。

 

味わいはかなり上品です。しかし、味わいは甘美で「もう一杯」がものすごく欲しくなります。

甘いは甘いんですが、ダレるような甘さではないです。

 

以前菱湖を飲んだ時はイマイチかなーと、正直思いましたが、こちらは「買い」だと思いました。

 

因みに実家に帰省する際に購入し、親父にも呑んでもらったのですが、中々の好印象でした。

冷蔵庫が開いている方は是非(`・ω・´)

 

前回の菱湖の記事は↓↓↓

ginyusyujin.hatenablog.com

 

ではまたまた…

 

 

山本合名 山本 純米吟醸 潤黒 Pure Black(秋田)

f:id:DaTa:20190331145727j:image

f:id:DaTa:20190328203746j:image

山本 純米吟醸 潤黒 Pure Black

使用米:秋田酒こまち

使用酵母:秋田酵母No.12

精米歩合:麹米50%

     掛米55%

アルコール分:15度

 

何気に「山本」を購入したのは初めて…単純に近場だと買えないし、手を出すのをためらっていました。はい。

初めての山本は通年商品のPure Blackをチョイス…瓶燗火入れみたいですね。

 

頂きます。

 

冷酒で…

柑橘系の酸味を感じる仄かな香り。あんまり香りしない。

口に含む。舌に感じる確かなガス感。

本当に仄かな甘味。温度が上がってこないと気が付かない程。

柑橘系のフルーツを思わせるジューシーな酸味がよろし。 

 

「甘味控えめながら、柑橘系のフルーツのような酸味がありサッパリ頂ける」って感じかと。

 

火入れながらフレッシュ感があり、「生」と言われても納得するかもしれない。

瓶燗火入れって凄いね(雑)。

 

あと気になったんですが…

f:id:DaTa:20190331145641j:image

え、この瓶ってプラなの????

味とは別の意味で衝撃を受けております。

全然ガラス瓶と区別が出来ませぬ……。

 

これって「キャップ(中栓)」って書き忘れただけ...ですよね...

左が澤屋まつもと、右が山本。

f:id:DaTa:20190331152156j:image

…ホントにプラだと、すんげぇビックリだけど(笑)

 

が、ガラスですよね・・・?(^_^;)

 

ではまたまた…

阿部酒造 SIRIUS(シリウス) 発泡性 生酒

f:id:DaTa:20190325012149j:image

f:id:DaTa:20190325012352j:image

阿部酒造 SIRIUS(シリウス

使用酵母:9号、新潟G74

アルコール分:14度

他に分かっていることは

・アル添ではない(裏ラベルから)

・白麹使用

 

因みに写ってませんが、栓は日本酒でありがちな栓ではなく、瓶ビールとかに使われてるような栓抜きを使うタイプ(王冠?)なので、一度開けると再び閉めることは出来ません。ご注意下さい

 

では頂きます…

うっすらと甘さ、マスカットのような酸味を感じる香り。

口に含むと粒の細かいガスがお出迎え、そんなに強いガス感ではない(ただ、瓶内二次発酵のため個体差があるみたいな話も…)。

なんともフルーティで豊かな甘味で、甘さに比べると控えめなマスカットのような酸味もある。

「豊富な甘味とガス感がジュワーッと来て、果実感のある酸味も相まって爽やかで旨い」。

というのと、

「コレ本当に米から出来てんのかよスゲェー!!」

というのが素直な感想です。

 

因みに、開栓前に澱がシェイクすることなんて私には恐ろしくて出来やしないので、最初に注ぐ分はやっぱり澱が少なめになる。

こちらは甘味は多少控えめ(ドライって感じじゃないけど)、ですが果実感のある酸味がハッキリと感じられこれもよろしいかと。

開栓から飲み進めていく過程で味わいが変わっていく感じで楽しく呑めました。

 

過去呑んだスパークリング清酒というジャンルにおいては断トツに旨かった…。

一般的な日本酒からしてみるとお値段はそこそこしますが…(3000円/750ml)。

ただ、呑んだ感じ、全くといっていいほど日本酒感がしません。

一緒に呑んだ方々も「日本酒だとは分かってるんだけど…同列のものとして考えていいのか???」という感じでした。

チューハイやカクテル等の甘いお酒が好きって方で、「日本酒はちょっと…」って方に呑んでいただきたい一品です。

 

非常に美味しく頂きました( ᐛ )و

 

ではまたまた…